探し方

介護士の仕事の探し方その1|介護求人の専門サイトでググる

ハンパない情報が手に入る

一般の検索エンジンでググるのもいいですが、介護福祉に専門特化した検索サイトがあるのをご存じですか? そのほうが便利です。私も転職のときにお世話になりました。

もちろん検索から応募まで無料で利用できます。無料なのはハローワークやインディードといっしょですが、次のようなメリットがあります。

①すでに介護福祉分野に特化しているので楽にググれる

②絞り込み項目が細かく、かゆいところに手が届くレベル

③介護福祉分野の求人数が多い

④手当の種類や金額などの詳細がわかる

  例えば、こんな詳細がわかってしまいます! 

 

♦資格手当:月8,000円~10,000円
♦夜勤手当:5,000円/回
♦子育手当:月15,000円
♦借家手当:月18,000円
♦扶養手当:月14,000円(配偶者)、月3,000円(その他)
♦通勤手当実費(上限30,000円)
処遇改善手当(月15,000円~27,000円)
♦残業手当/年末年始手当 2,500円      (引用元:ケアキャリサーチ)

 

 

ハロワなどの公共サービスに対抗して、民間サービスはしのぎを削ってサービス向上に努めています。求人広告ですので、事業所は有料、利用者は無料です。使わない手はないですよね。ハロワの場合、事業所も無料、利用者も無料です。

 

ケロハチの推しサイト3+1

カイゴジョブ

カイゴジョブ

安心の上場企業が運営する『カイゴジョブ』は、無資格・未経験の人や現役介護士が、月間40万人以上利用している、おそらく業界No.1の求人サイトでしょう。また、職場の雰囲気や環境を伝えるため、独自の取材もいっぱいしています。人間関係を重視した情報の提供に力を入れている感じです。当サイト内『介護士の仕事の探し方その2|求人イベントで探す』で紹介している就活フェスは、その証拠のひとつです。希望の雇用形態と保有資格(無資格に✔)を選び、郵便番号・電話番号・メルアドを入力するだけで、カイゴジョブ限定求人5万件&ハローワーク求人4万件が見れちゃいます。

 

詳細ページ公式ページ

介護求人ナビ 

『介護求人ナビ』はスマホのアプリがあり便利です。絞り込み検索も充実しているため、より多くの求人から自分の理想とする仕事を探すことができます。待遇面などの基本情報もわかりやすい&写真も充実。実際の雰囲気を事前にイメージできるよう工夫がいっぱいで~す。給与データや面接に行って来た応募者のレポートコーナーなど2,000記事を超える読みものも参考になりますよ。

詳細ページ公式ページ

 

ケアキャリサーチ

キャッチフレーズは「あなたの希望にピッタリの近所の介護求人がスグ見つかる!」。GPS機能を使えば現在地に近い求人を検索できるのもいいですね。大手介護施設の管理職経験者など、介護業界出身の社員が複数名在籍するため、企業との深いつながりや採用側の視点・ノウハウを持っている。関東・甲信越に特化。

詳細ページ

ケアキャリサーチ!

 

 

福祉のお仕事

 

中央福祉人材センターが運営する福祉の仕事に特化した求人サイトです。福祉人材センター・福祉人材バンクは、社会福祉法にもとづいて、全国の社会福祉協議会に設置されています。

障害者施設や介護士周辺の仕事を見つけたい場合には、特に有効です。検索範囲が膨大で,保育や福祉行政の仕事なども含まれていますので、検索が少し手間です。
でも、障害者分野の職場を探すなら、このサイトがおすすめです。

公式ページ

 

 

いい職場と出会えますように!