魅力

介護士の仕事の探し方おまけ3|ハロワ検索で求人履歴のチェック

 

優良事業所かどうかを見分けるひとつのポイントは、離職率=求人頻度です。

いつもいつも折り込み広告などで見かけたら『なんかあるのかな?』と思ってしまいますよね。ハローワークでの求人に限りますが、『ハロワ検索』というサイトでチェック可能です。事業所名or法人名をいれてチェックすれば、過去2年間の求人履歴をチェックできます。

上のページの画像内にも記載されてる『ハロワ検索』のすごいところです。小さいので再掲します。

 

気になる事業所の求人履歴を最大で
過去2年ぶんまで検索できる!

事業所名検索でその事業所が
他にどんな求人を出しているか
がすぐにわかる!

求人履歴を調べることで
過去の給料や待遇を比較
することができる!

グラフで過去の求人の
採用人数の推移が一目でわかる!

スマホに最適化されたデザインで
いつでもすぐに調べられる!

毎週、本家ハローワークから
求人情報を取得して
最新の状態をキープ!

『ハロワ検索』より引用

 

こころづよいですね。ハロワ検索

ハロワ検索も上手に活用してチェック後、介護求人サイトでその事業所求人を探して応募するのもOK。エージェント会社でその事業所の求人があるかどうか聞いて、待遇をくらべて応募するのもOKでしょう。

ハローワークなどの公共の紹介所や折込広告などに、待遇面の劣悪なブラックな事業所が入ってることがあります。

ハローワークの求人掲載は無料です。
そしていわゆる”ブラック”な企業は広告料をケチりがち。
ということは、ハローワーク求人に”ブラック”はひそみがちです。

公の機関は、公平が大原則ですから、窓口の担当者は、この事業所は離職率がメチャメチャ高いって分かっていても、
『この事業所は応募しないほうがいいんじゃないですかぁ』
などとアドバイスしたら、大問題です。

『その応募、ちょっと待ったぁ~!』です。

どうか、『ハロワ検索』を活用して、変なところに就職しないようにしてくださいネ(^^)/

①同じ事業所でも、部署の違う求人も1件になため、件数だけでなく求人内容もよく見る

②経営者が変わることがあると履歴情報は更新されてしまう