探し方

介護士の仕事の探し方おまけ1|いい職場の見分け方

トップの考え方が伝わってくる

これは次のようにチェックできます。
掘り下げたらわかった、ぐらいではだめです。
伝わってくるぐらい明確に打ち出されている必要があります。

・法人(事業所)のホームページあれば『理事長あいさつ』など

・見学時にキョロキョロ見まわせば、掲げてあるはずです

・面接時に『この施設はどんな介護をめざしておられるんですか?』などと質問して教えてもらう

・エージェント会社の担当者に聞く

これは、働く人のチャンスが多く、育つ環境がある職場なのかどうかを左右する、とても大切なポイントです。

「ここはこんなことを目指しています」という理念が言葉にされて、スタッフや利用者・家族が見えるところに掲示されていることが大事です。

それは宣言であり約束になり、みんなで原点として共有できます。

 

スタッフと利用者・スタッフ同士の人間関係がよさそう

これはかなり重要だけどチェックするのがむずかしいポイントです。

・見学時に下記の点を鋭くチェ~~~ック!

・口コミを調べる

・エージェント会社で聞いてみる

ボランティアとして、応募希望を隠して、現場に入りこみ体験する。

応募希望を隠して「勉強のために見学させてください」と頼んでみる。

 

チェック個所は、具体的に書けば次のようでしょうか。

①利用者・スタッフに笑顔が多い
②雰囲気が明るい感じがする
③施設内外がわりと片付いている
④わりと清潔感がある
⑤不快な臭いが気にならない(漂っていない)
⑥スタッフの在職平均年数が3年以上あるか
⑦スタッフはあいさつが明るくできてるか(見学中の私に対して、でチェック)

 

利用者がイキイキしている(利用者が軽度な施設の場合はとくに)

見学時

とくに就労系の障害者施設では利用者が抑圧された感じかどうかは重要です。

風通しが良さそう

ホームページ・見学時・エージェント会社

イベントや日常的に地域に開かれているかどうか。
交流する機会があればあるほどグッド。単なる“慰問”だけが多いのはダメ。
ボランティアが多い(地域の社会資源になっている証)。
利用者がなんだかんだと出かける機会が多い様子。

待遇に対して「ここなら」と納得できる

求人情報の詳細・面接時の質問・エージェント会社

スタッフの
①平均在職年数
残業の目安時間
有給休暇の消化状況

は、なにげなく軽くサラッと面接で聞いてみましょう。②と③は重たい情報なのでしつこく尋ねると、
「あ~この人は残業代の支払いや
有給にうるさいタイプだな」と警戒されちゃいます。

基本給が極端に低いところは要チェックです。賞与が3ヶ月と記されていても、基本給が月収8万円なら、賞与は24万円となりますので。「わかる~」と体験済の方もいるのでは?

また手当の額がちゃんと明示されていないと、後でトラブります。
「出るだろう、出るかもしれない」はヤバいです。こんなはずではなかったと後悔しますので注意してください。手当額などの詳細記載のある介護専門の求人サイトは、その点からもオススメです(^^)/。

 

いい職場と出会えますように!