探し方

無資格・未経験で探す介護士の仕事は『合説どっとこむ』もフル活用

介護求人イベントは採用担当者=わりと偉い人とも会える

こんにちは! ケロハチです(^^)/。

介護士として働き始めるときには、
どんなタイプの人たちがいる業界なんだろう?
自分と肌が合うだろうか? おそらく、いろいろ考えてしまいますよね。

そんなときにおすすめなのが、介護求人イベントです。もちろん無料です。
そのわけは、次の5点です。

①同じ関心をもった応募者が集まってくる
②管理職(理事長・施設長・事務長など)と会える
③気になった事業所情報をたくさんゲットできる
④その場で何人かいっしょ、または一人ひとり事業概要を説明してくれる
⑤次のステップとなる面接or施設見学の日程をその場で決められる

 

『合説どっとこむ』の使い方

無資格・未経験で介護士になりたいと行動を起こすときに、求人イベントに参加するのもいい方法です。主催団体は、民間の人材紹介会社や社会福祉協議会のような半ば公的なところです。『合説どっとこむ』の素晴らしい点はこれら官民両方の情報が検索できる点です。

次の手順で進んでいけば各地域の情報が得られます。

 

 

 

体験談】介護求人イベントは、お見合い⁉

私は、施設の採用担当者として参加する側と、イベントを企画する側の両方を経験しました。

2人の担当者で参加し初々しい学生や社会人の人たちが、それぞれのブースを訪れてきました。
多いところもありパラパラなところもあります。順に説明していくわけですが、多ければグループで、少なければ一人ずつ面談したもを思い出します。

名簿に連絡先を書いてもらい、印象のいい方には特に「あとで連絡来ないかな?」「振られたかな?」「隣の事業所で盛り上がって長く話し込んでたから、そこに決めたのかな?」など、一喜一憂しました。

魅力ある求人の条件をつくり出して、いい人材を雇いたい事業所。
できるだけいい条件で働きたい求職者。
介護求人イベントは、この二者のマッチングの場です。いわば、お見合いです。

採用にかかわる人は、大規模な事業所でなければ管理職です。
そして、管理職は職場の空気に強い影響力を与えます。
ということは、管理職とたくさん会える介護求人イベントは効率的です。

なかには、水戸黄門のような理事長もいます…、ホントに(^^;

 

ただし、地域によっては該当イベントがない場合があります。
その場合、下記の記事を参考にしてください。

ぜひ、行ってケロ~

➡ 合説どっとこむ